バイナリーオプショントレードはローソク足の仕組みと特性の理解から^^!

binaryoption-to-downloadpage

バイナリーオプションでトレードするにあたり、“基本中の基本にして至高の存在”。

それが『ローソク足』ですε-(´∀`*)

このローソク足、正確には“ローソク足表示”という価格の表示方法の1つです^^

MT5等のチャートツールでは、他にも“ラインチャート表示”や“バーチャート表示”などいくつか価格の表示方法がありますが、この中でもローソク足表示は“その便利な特性”から広く一般的に使われていますε-(´∀`*)

そんなローソク足の特性とは、“一定時間の価格の値動きをひとまとめに凝縮して表示してくれる”ということ❗

今回のページでは、この特性について紐解いてお話していきます^^

ローソク足は相場分析の基本となるところ、そして今回お話するところはさらにそのローソク足の基本となるところです。

でもこういった基本中の基本をしっかりと納得し、落とし込みながら先に進むことで、それがゆくゆくは自分自身で利益を勝ち取る大事な力になります✨

特にこれからバイナリーオプションを始めるという初心者さんは、これを機にしっかりとローソク足についての理解を深めていきましょう(*゚∀゚)

ローソク足をカタチづくる“実体”と“ヒゲ”って^^?

まずはローソク足の種類と“部位”の名称からご紹介していきます^^
チャートを見るとローソク足にはいろんな形があるように感じますが、実は全部で3種類だけ✨

“陽線”“陰線”“十字線”のたった3種類❗
すごくシンプルですよね^^?

そしてこのローソク足は『実体』『ヒゲ』という2つの部位によって作られています(*゚∀゚)

ではローソク足をカタチづくっている『実体』と『ヒゲ』というのは、どのようにして出来上がるのでしょうか??
次に“ローソク足が生まれるまでの仕組み”を見てみましょう^^

ローソク足は相場の値動きを切り取って凝縮したものです♪

①相場の価格は今も“絶えず上下に変動”しています^^

②ローソク足はそんな値動きを“切り取った”ようなものです^^

③ここで切り取った動きの各所に注目❗

それぞれ始まりの値(=始値)一番安い値(=安値)一番高い値(=高値)終わりの値(=終値)と呼びます。

④⑤⑥最後はまとめて仕上げです(*゚∀゚)

④先ほどの切り取った部分をぎゅっと小さくしたら、⑤始値と終値が実体となり、その実体高値の価格差が“上ヒゲ”実体安値の価格差が“下ヒゲ”として残ります^^⑥こうしてローソク足が完成しましたっ❗

ちょっと一息^^

と、この短時間でかなりたくさんのキーワードが出てきましたね^^苦笑

1つ1つは決して難しい意味はないのですが、投資未経験の方が一度に詰め込もうとするとこんがらがってしまう可能性もあります💦

これからチャートを見る機会はいくらでもありますし、必ずしも全てをここで覚える必要はありません^^

今回出てきたキーワードを何とな〜く頭の片隅に置いておくだけでも段々知識として落とし込んでいけるはずです♪

焦らずで構いませんからね〜ε-(´∀`*)

では引き続き解説を進めていきますが、次は最初の方にお話した陽線と陰線、十字線が出来上がる仕組みについてお話します^^

陽線と陰線の仕組みについて知っておけば相場の方向は見えてきます^^

ここまででお話した“始値”と“終値”について理解していれば、陽線や陰線が出来上がる仕組みはいたって簡単(*´∀`*)


ローソク足の始値より終値の方が高ければ陽線、始値より終値の方が低ければ陰線、始値と終値が同じ価格なら十字線となります^^

つまり単純に考えると、チャート上に陽線がたくさんあれば相場は上昇傾向、陰線がたくさんあれば下降傾向、十字線が多ければ停滞気味という風に見ることができます(*゚∀゚)(もちろん絶対とは言えませんよ^^)


さて、もうなんとな〜く『ローソク足の特性によって、相場分析の際にどんな恩恵を受けることができるのか』が見えてきたんじゃないでしょうか^^?

ローソク足表示で相場の流れを瞬時に判断!

ズバリ、ローソク足表示を使うメリットは、“上昇・下降・停滞という相場の状況を一瞬で判断できる”ことっ(*゚∀゚)

ローソク足は一定時間の値動きをギュッとまとめた上で色分けして表示されるため、相場の上がり・下がりが一目で把握できるんです^^

例えば、実際のチャート上でラインチャート表示とローソク足表示を比較してみると、その見やすさは一目瞭然❗

【ラインチャート表示】

う〜ん、可もなく不可もなくって感じですね^^;相場の流れを“一目で判断”するには少し力不足といったところでしょうか(;´∀`)ちなみにお気づきの方もいるかもしれませんが、このラインチャートってブローカーの取引画面でも表示できるんです。つまり“相場分析に特化した”チャートツールでわざわざ表示させる必要はないんですよね💦(苦笑)

続いてローソク足表示を見てみましょう(*゚∀゚)

【ローソク足表示】

う〜ん、見やすい(笑)瞬時に『大きな赤色陽線が多いな〜=上昇傾向』という判断ができますよね^^また値動きが凝縮してまとめられていることによって余計な値動きも省略され、相場の進む方向や全体的な流れを直感的に把握することができます(*゚∀゚)

こうして2つのチャートを重ねてみると、ラインチャートはギザギザ小刻みに動いているところが目立ちますよね!対してローソク足はこういった余計な値動きを省略し、且つそれらを色分けすることによって非常に価格の動きが分かりやすくなっています✨

バイナリーオプションでローソク足は基本中の基本!でもだからこそ知っておきたい^^

さてさて、今回お話したことはバイナリーオプショントレードの基本中の基本です^^

でもそれは言い換えれば“絶対に知っておかなければいけないこと”

数学で方程式問題を解こうとした時、そもそも足し算引き算ができなかったら元も子もないですよね^^?

基本を疎かにした先に良い結果は待っていてくれませんε-(´∀`*)

ローソク足は為替の値動きをそのまま凝縮して表示しているものなので、そのローソク足について知ることは相場の値動きを知ることにも繋がります^^

バイナリーオプションのトレードにおいて、“現在の相場状況を知る”ということは勝敗を左右する大事な行程です✨

今回お話したローソク足の基本的な仕組みや特性をしっかりと理解していれば、もうすでに相場の大きな流れを自分の目で見て判断できるはず(*゚∀゚)

ぜひこれから始まるバイナリーオプショントレードのお役に立てたら幸いです^^

 『バイナリーオプショントレードの精度を上げる時間軸の概念とは?』に進む

 『BOとの正しい向き合い方を学ぶ』メインページに戻る

基礎知識を身につけた後はトレードスキルの習得へ^^!

現段階で基礎知識が十分に身についたという方は、“実際にトレードで勝つためのスキル”を身に付けていきましょう(*゚∀゚)❗

私が普段トレードで利用している攻略法【3カウント戦略】は、誰でもそのロジックを身につけられるように手法の解説を上下巻二部構成のPDFにまとめてご用意しています^^

“自分自身の手で継続的に稼げるスキルを身につけたい”という方はダウンロードページへGOですっ✨