【裁量トレード企画3日目】負ける可能性を大幅に減少!抵抗を理解することが勝率アップのカギです^^

binaryoption-to-downloadpage

こんばんは〜(*゚∀゚)

企画が始まってから今日が3日目!
今回の記事が初めましての方もいらっしゃるかと思いますので、まずはこの企画のテーマについて簡単にお話しますね^^

『9日間で30万円稼ぐまでの軌跡!〜裁量トレードに必要な要素や考え方を企画形式で徹底解説〜』

企画の間は、私の経験に基づき裁量トレードに必要な要素を複数の記事に渡ってお話します^^

もちろん、その間は私の【3カウント戦略】を使ったトレードも積極的に公開していきますので、より実践をイメージしながら参考にしていただけるんじゃないかと思ってます(*´∀`*)

すでにトレードを始めている方はもちろん、バイナリーオプション初心者さんにとっても今後バイナリーオプションに取り組んでいく上で大切な考え方を身に付けていただける機会になるはず✨

今日で早くも企画の3分の1が終わることになりますが、裁量トレードについてみなさんにお伝えしたいことはまだまだたくさんあります^^

一記事もムダにせず、大切なことをどんどん伝えていきますので見逃し厳禁ですよ〜(*゚∀゚)❗

『裁量トレード企画記事一覧』



さて、企画3日目の今日は、前回の記事の最後でお話したとおり“裁量トレードをする上で私が大事にしていること”についてお話します✨

もちろん大事にしていることと言っても複数あるのですが、まず今回の記事でお話するのは裁量トレードをしていく中で多くの方が突き当たる壁、“抵抗”についてですε-(´∀`*)

この抵抗についてしっかりと理解しておくことで“負ける可能性を大幅に減らす”ことができます。
そのため、抵抗について知った状態でトレードするのと知らない状態でトレードするのでは、その後の勝率に大きな違いが出るんですね^^

今回の記事を読み進めていただくにあたって、まずは抵抗というものがそれぐらい重要だということを認識しておいてほしいんです(*゚∀゚)

テクニック的なお話になってくるため、始めたばかりの初心者さんにとってはちょっとだけ難しく感じてしまうかもしれませんが、できるだけ丁寧に解説していきますので少しずつでもご理解を深めていっていただけたら幸いです✨

そもそも為替相場ってどういう仕組みで動いてるの?

抵抗のお話をするにあたって、まず外せないのが為替相場の仕組みについて♪
相場というのは通貨の売買のバランスによって成り立っています^^

ちょっとこれだけではピンと来ないと思うので、画像で見てみましょう♪


突き詰めるともっと細かい要因が絡み合って相場は動いているのですが、ひとまずはこれだけわかっていれば十分^^
このUSDJPYのチャート、簡単に言うと・・・

  • 上昇していればUSDJPYを買っている人が多い=売りよりも買いの割合が高い
  • 下降していればUSDJPYを売っている人が多い=買いよりも売りの割合が高い

ということになります(*゚∀゚)

このようにシンプルに捉えれば、今見ている通貨のチャートは買っている人が多いのか(上目線)?売っている人が多いのか(下目線)?誰でも簡単に判断することができますよね^^?

ではこれを踏まえて抵抗のお話に入っていきましょう❗

抵抗は相場に参加している全ての人の意識から生まれるものです^^

突然ですが、人って噂に流されやすいですよね^^?笑

「あのお店のケーキが美味しいって聞いたから今度行ってみよう!」
「あのお店のケーキってあんまり美味しくないみたいだから行くのはやめとこ。」

多くの人がこういった噂を鵜呑みにすることで、このケーキ屋さんの命運は噂の良し悪しにかかっていると言っても過言じゃありません(;´∀`)笑

これって一見相場とは関係のない話にも思えますが、実は“多くの人が意識する”という点が抵抗を理解するためにはとっても大切なこと^^

例として明確に抵抗が意識されていたチャートを探してみました(*゚∀゚)

このチャートを見ると、左端からずっと下降(売っている人が多い状態)を続けていたにも関わらず、突然反発しました!

このように、一度相場の流れがせき止められたポイント(価格)って多くの人が注目します。

私の体感では綺麗に反発(鋭角に反発)しているほど、より注目されやすいですね^^

この時、何かを誰かから聞いたわけでもないのに、勝手に『このポイントは次にまた反発するかもしれない』と仮説を立てる人が続出するわけです(*゚∀゚)

すると、再度また同じ価格にチャートが到達した時、「ここでまた上昇するかもしれないから売るのは危険だ!」なんて考えの人が一斉にその通貨を買い始めます。

下降(売り)上昇(買い)=反発=抵抗ポイント』

このように、相場に参加している全ての人の仮説や考えが積み重なり、デッカイ意思となって“抵抗”が生まれる、というわけですね(*´∀`*)

ちなみにここまで相場や抵抗が生まれる仕組みについてお話してきましたが、バイナリーオプションはあくまで上下を予測する投資なので、実は通貨の売買には直接関与しません^^

ただ、いざ相場を見た時に納得して“抵抗”と認識するためには、こういった仕組みについても知っておいた方が良いと思い、敢えてお話させていただきました♪

もし「ちょっと難しいな〜」と感じた方は、仕組みについてムリには理解せず、“一度明確に反発したポイント(価格)は次に抵抗として意識される可能性が高い”ということだけ覚えておいていただければ大丈夫です(*´∀`*)

では、この抵抗がバイナリーオプションのトレードにどんな影響を与えるのか?
これ、すっごく重要ですε-(´∀`*)

抵抗を把握すること→負ける可能性を大幅に減少=勝率アップ!

先程もお話したとおり、バイナリーオプションって上下二択を予測する投資です^^
でも二択だからこそ、『自分の予想と逆に動く可能性=負けに繋がるリスク』もしっかりと確認しておく必要があるんです♪

そこで重要な指標となるのが今回お話した“抵抗”❗

例えば、こんな状況でエントリーを考えたとしましょう^^

明らかに下方向に勢いが強い相場ですね^^
この勢いに乗っかって下方向でエントリーを考えたいところ!!

でも落ち着いて相場全体を見渡してみてください・・・!
“抵抗として意識されそうなポイント”がありませんか^^?


こんなふうに“密かに抵抗が待ち構えている”時って以外と多いです^^;苦笑

もちろん、必ずしもこの抵抗が意識されて反発したのかどうかは分かりません。

でも少なからず反発する“可能性”がそこにありました(;´∀`)

このように、エントリーする際は必ず“抵抗として意識されそうなポイントはないか”を確認することがとっても大切です^^

もし抵抗となりそうなポイントに現在の価格が近づいているのなら、そこには等しく“反発の可能性”が控えています。
反発の可能性を把握できれば、当然エントリーを避けることもできますよね^^?

つまり抵抗となりうるポイントを把握することが、そのまま負ける可能性を大幅に減らすことに繋がる、というわけです(*゚∀゚)

ちなみに、私が抵抗を見極める時の基準を大きく分けて2つ、参考までにご紹介します^^

  1. 2回以上反発している価格帯
  2. やたら目立つ反発ポイント

ちょっと抽象的かもしれませんが、抵抗に100%はありません^^
相場は人の心理によって動いているため、「このポイントは絶対に反発する!」といった確実性がない以上、あくまで“負けに繋がる可能性の1つ”として捉えておくべきかなと私は考えています(*´∀`*)

余談:抵抗として意識されているポイントを抜けた先には・・・?

これはあくまで余談ですが、先程までは抵抗を“反発のポイント”としてお話してきました^^
じゃあもしその抵抗を抜けた場合、どう考えるべきでしょうか^^?

『多くの人が反発を恐れている→抜けた!→遮るものはなくなった→GOGO❗』

基本的にはこんな感じです(´∀`)笑
画像をご覧ください^^


こんな具合に、抵抗として意識されていたポイントを抜けると、それまでの枷が外れたかのように相場が抵抗を抜けた方向に向かって勢い良く進んでいく傾向があります^^

もちろん必ずしもこの画像のようにイケイケなトレンドになるとは限りませんが、少なくともそういう傾向・特徴があるということは覚えておいて損はないですね(*´∀`*)♪

それではちょっと長くなっちゃいましたが、ここからは今日の私のトレードをご覧ください^^

3カウント戦略のトレードプロセスで相場を分析^^!

  • ①15分足で相場の方向性を見極めてエントリー方向を決定!
  • ②5分足で15分足との矛盾がないかを確認しエントリーポイントを決定!
  • ③1分足で15分足と5分足との矛盾がないか確認しタイミングを計ってエントリー!

この3ステップが私の攻略法【3カウント戦略】のトレードプロセスです(*´∀`*)
このプロセスに基づいて、今日は早い時間帯に『NZDUSD』の相場に狙いを定めました❗

①15分足で相場の方向性を見極めてエントリー方向を決定!

方向性・勢い共に申し分ない下降トレンドです❗

下降トレンドの定義も十分に満たしているため、15分足が進む方向性はクリアですね^^
続いて下位足の5分足も確認していきます(*゚∀゚)

②5分足で15分足との矛盾がないかを確認しエントリーポイントを決定!

相場の進む方向も15分足と一致し、エントリーを狙う方向に間違いがないことも確認できました^^

同じくトレンドの条件も満たし、エントリーポイントもOKなのですが、念のため今日の記事でお話した“抵抗”についても確認しておきましょう(*゚∀゚)
チャートを見ると少し前に明確に反発しているポイントがあり、もしかしたらここが抵抗として意識されるかも・・・!

しかし、現在のポイントからこの抵抗ポイント(価格帯)まではまだ余裕もあり、下方向でエントリーしても十分イケると判断しましたε-(´∀`*)

さて、方向性とエントリーポイントが決まったら、念には念を^^!
しっかり1分足でエントリータイミングを計っていきます❗

③1分足で15分足と5分足との矛盾がないか確認しタイミングを計ってエントリー!

15分足、5分足とトレンド方向も一致し、勢いも確認できたので下方向でエントリー^^!

取引種別:High&Low
決済時間:10分取引(決済まで約9分間)
取引金額:3万円
取引通貨:NZD/USD
エントリー方向:下方向

先程のチャート画像をご覧になって気づいた方もいると思いますが、実はエントリー直後に凄まじい反発を食らっちゃいました💦 

ちょっと安易に安値付近で入りすぎたかも(泣)
この後、決済1分前まで全く価格が落ちてこず、『さすがに負けたかな・・・』なんて思っていたのも束の間❗

さすがに私もこんなドラマティックな展開は予想してませんでしたε-(´∀`*)

“奇跡の所業”と言いたいところですが、終わってみればこれこそトレンドフォローの成せる業なのかなと^^(本当にギリギリだったけど苦笑)

15分足と5分足でしっかりと方向性を確認し、その方向に向かってエントリーする。
もちろんトレードの精度を高めるため、他にも確認すべきことはありますが、まずはトレンド方向に沿ってエントリーすることで今回のように“最終的にトレンド方向に戻ってくる”ことにも十分期待が持てるんですよね^^

このトレードには私自身もちょっと興奮しちゃいましたが(笑)、昨日のトレードでたくさん利益を獲得することができたので、今日は焦って利益を追いかけず、この1勝で手仕舞いとしました(*´∀`*)

  • 現在の口座資金:471,600円
  • 企画中のトレード成績:7戦7勝、勝率100%
  • 1回の取引金額:30,000円
  • 目標達成まで残り、128,400円❗

昨日の利益によって目標までグッと距離を縮めることができましたが、正直ここまでで勝率100%はちょっと出来過ぎ^^;

どんな相場においても必ず勝てる保証はない以上、引き続き気を引き締めてトレードに臨みます(*゚∀゚)

企画3日目を振り返って^^

本日のブログ記事では抵抗についてお話しましたが、今日お話した内容はあくまで基本的なところに過ぎません^^

抵抗にはいろんな種類や考え方があり、その1つ1つとはこれから出会い、徐々に知っていくことになると思います✨

しかし本日のブログ記事を通して、“裁量でトレードしていく上で抵抗とどう向き合っていけば良いのか”ということは感じていただけたのではないでしょうか^^?

裁量トレードは自分自身の考えや判断でトレードすること。

自分の手で取り組むからこそ抵抗に気づき、負けに繋がるリスクを回避することができます^^

継続的に利益を上げていくためには、今ある資金を減らさないようにすることも大切♪
今回のお話が1つでも多くの負けを減らすキッカケになれたら私も嬉しいです(*´∀`*)


また根拠に基づいたロジック、今回お話した抵抗との向き合い方、この2つを理解し身につけるだけでも格段に勝率は上がるはずです^^

勝つための考え方と負けないための考え方、この両方を突き詰めていくことでトレードの精度はどんどん高まっていくんですよね✨

企画内で私が使用している攻略法【3カウント戦略】ではその“勝つための考え方”についてしっかりと解説していますので、まだご覧になっていない方はこれを機にぜひ(*゚∀゚)

以下のページよりダウンロードできますので良かったら手にとってご覧になってみて下さい♪

→バイナリーオプションで自力で勝つための攻略法【3カウント戦略】の紹介とダウンロード

最後までご覧いただきありがとうございました✨
次回の企画記事もお楽しみにっ(*´∀`*)